雇用促進税制

 税制改正法が6月30日に公布され、雇用を増やす企業を減税するなど税制上の優遇制度
 (雇用促進税制)が創設・拡充されました。
 23年度から26年度までの間で従業員を増やそうとお考えの企業様は、事前に申請が必要です。
 要件がありますので、以下ご覧ください。

1年間で10%以上かつ5人以上(中小企業は2人以上)従業員を増やす等の要件を満たした
事業主に対する税制優遇制度が創設されました。
  
 従業員の増加1人当たり20万円の税額控除が受けられます。
 
   この優遇措置を受けるために必要な「雇用促進計画」の受付は、8月1日からハローワークにおいて開始します。
   ※ 平成23年4月1日から8月31日までの間に事業年度を開始する事業主の場合は、
      10月31日までに届ければ良いことになっています。
   9月1日以降に事業年度を開始する事業主の場合は、事業年度開始後2か月以内に雇用促進計画の提出を行ってください。

雇用増加企業向けパンフレット[780KB]

雇用促進計画の記載方法、提出手続などの詳細については、以下のパンフレットをご覧下さい。

雇用促進計画記入に当たっての注意点[1,545KB]

雇用促進計画様式
雇用促進計画様式エクセル版[Excel:80KB]

雇用促進計画様式Pdf版[PDF:252KB]