厚生労働省は14日、平成22年度の「脳・心臓疾患および精神障害などの労災補償状況」
を取りまとめました。

精神障害などの労災請求が2年連続で過去最高になっており、今後も会社として十分な対策が必要です。
対策がとられていないと、会社の安全配慮義務が問われ、損害賠償を請求される場合があります。

職場における労働者の心身の健康管理が正しくされているか確認してみましょう。

□ 年に1度の健康診断と、ストレスチェックなどが会社で行われていますか。
  (ストレスチェックは厚生労働省のホームページでも掲載されています。)
□ 就業規則にはパワハラ・セクハラ防止のための規定があり、また会社で対策が取られていますか。
  (「パワハラ・セクハラは許さない」というトップの強いメッセージ、管理職研修、相談室の設置など。)
  「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(厚生労働省)をもとに、対策をするとよいでしょう。
□ 「長時間労働や、サービス残業などが当たり前」が会社の文化になっていませんか。
□ 従業員の労働時間の管理は正しくできていますか。
□ 月に100時間を超える時間外労働をしている従業員は、産業医の指導を受けていますか。
  事業場の従業員が50名未満で産業医の選任がない場合は、「地域産業保健センター」に相談できます。

平成22年度 脳・心臓疾患および精神障害などの労災補償状況まとめ
~精神障害などの労災請求件数が2年連続で過去最高~

  くも膜下出血などの「脳血管疾患」や、心筋梗塞などの「心臓疾患」は、過重な仕事が原因で発症する場合があり、「過労死」とも呼ばれています。厚生労働省では、こうした過労死や、仕事のストレスによる精神障害の状況について、平成14年度から、労災請求件数や、「業務上疾病」と認定し労災保険給付を支給することとした「支給決定件数」(※)などを公表しています。

 (※) 「支給決定件数」は、平成22年度中に「業務上」と認定した件数で、平成22年度以前に請求があったものを含む。

1 「過労死」など、脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況(別添資料1のとおり)
(1) 労災補償の「請求件数」は802件で、前年度比35件の増。4年ぶりに増加に転じた。 
(2) 労災補償の「支給決定件数」は285件(同8件の減)で、3年連続の減少。 
(3) 業種別(大分類)では、請求件数、支給決定件数ともに、「運輸業、郵便業」(182件、78件)、「卸売・小売業」(132件、53件)、「製造業」(118件、35件)の順に多い。中分類では、請求件数、支給決定件数ともに「運輸業、郵便業」の「道路貨物運送業」  (108件、57件)が最多。
(4) 職種別(大分類)では、請求件数は「輸送・機械運転従事者」(156件)、「事務従事者」(110件)、「サービス職業従事者」(85件)の順で多く、支給決定件数は「輸送・機械運転従事者」(69件)、「事務従事者」(44件)、「専門的・技術的職業従事者」(40件)の順に多い。中分類では、請求件数、支給決定件数ともに「輸送・機械運転従事者」の「自動車運転従事者」(139件、65件)が最多。 
(5) 年齢別では、請求件数、支給決定件数ともに「50~59歳」(279件、104件)、「40~49歳」(218件、96件)、「60歳以上」(203件、42件)の順に多い。 

2 精神障害などに関する事案の労災補償状況(別添資料2のとおり)
(1) 労災補償の「請求件数」は1,181件(同45件の増)となり、2年連続で過去最高。 
(2) 労災補償の「支給決定件数」は308件(同74件の増)で、過去最高。 
(3) 業種別(大分類)では、請求件数、支給決定件数ともに、「製造業」(207件、50件)、「卸売・小売業」(198件、46件)、「医療、福祉」(170件、41件)の順に多い。中分類では、請求件数は「社会保険・社会福祉・介護事業」(85件)、支給決定件数は「社会保険・社会福祉・介護事業」および「医療業」(各20件)が最多。 
(4) 職種別(大分類)では、請求件数は「事務従事者」(329件)、「専門的・技術的職業従事者」(273件)、「販売従事者」(148件)の順で多く、支給決定件数は「専門的・技術的職業従事者」(73件)、「事務従事者」(61件)、「販売従事者」(44件)の順に多い。中分類では、請求件数、支給決定件数ともに「一般事務従事者」(211件、36件)が最多。 
(5) 年齢別では、請求件数、支給決定件数ともに「30~39歳」(390件、88件)、「40~49歳」(326件、76件)、「20~29歳」(225件、74件)の順に多い。 

別添資料1:脳・心臓疾患の労災補償状況~クリックすると表示されます。

別添資料2:精神障害などの労災補償状況~クリックすると表示されます。

東京都労働局の労災補償状況まとめ~クリックすると表示されます。

画像:Copyright Paylessimages,Inc. All Right Reserved.