平成21年の育児・介護休業法が改正され、これまで猶予されていた従業員数100人以下の事業主にも、平成24年7月1日より以下の制度が適用になります。

【適用猶予が解除される事項】
①3歳に満たない子供を養育する労働者の短時間勤務制度
 原則1日6時間
②育児のための所定外労働の制限
③介護休暇

すべての事業主について改正育児・介護休業法が義務化されます。
就業規則、育児・介護規定は早めに見直しを検討されることをおすすめいたします。
労使協定により、適用除外とすることができる労働者を決めることもできます。
7月1日からすべての従業員のみなさんに育児・介護の規定が適用になりますので、
6月中旬までには会社のルールとして周知するようにしたいものです。