コロナ禍の休業や残業の減少により、副業・兼業が注目されています。収入を増やしたい、1つの仕事では生活できないといった収入面だけでなく、自身のスキルアップや人脈を広げたい、起業の準備のためなど理由は様々です。

2020年9月、厚生労働省は、副業・兼業におけるルールをより明確にするため、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」(2018年1月策定)を改定しました。
SmartHRマガジンにて、副業・兼業の促進に関するガイドラインについて社労士の視点から解説しています。

経営者、人事担当者の皆さま、ぜひ参考にしてください。

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が改定! 労務管理のポイントを社労士が解説

Follow me!